ソフトバンクエアーの「速度制限」が大幅緩和でものすごく速くなって使いやすくなった話

SoftBank Air
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SoftBank Airの速度制限が下り最大10Mbpsに緩和され、通信規制時でも高速でインターネットやWiFi通信の利用可能になりました!

工事不要のインターネット回線として有名なSoftBank Air(ソフトバンクエアー)には、通信サービスを安定して供給するための「速度制限」が設けられており

速度制限が掛らない午前中なら下り70~80Mbps前後と光回線並みの速度が出るが、インターネットの利用者が多くなる夕方以降の時間帯になると、以前は下りの通信速度が2~3Mbps前後まで制限されていました。

■ソフトバンクエアーの通信速度の制限について(Air公式サイトより引用)

・SoftBank Airはサービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
・ご利用の集中する時間帯(夜間など)はサービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
・特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

ソフトバンクエアーの速度制限が2020年8月から下り10Mbps前後に大幅緩和!

そんな厳しいソフトバンクエアーの速度制限が2020年8月1日から大幅緩和となり、自宅のSoftBank Air回線の通信速度を調べてみると、速度制限の発生する夕方以降の時間帯でも下り8~10Mbps前後のスピードが出るようになりました。

※Windows 10のタスクマネージャーで通信中の受信速度を計測してみると、下りの通信速度(ダウンロード)が8~10Mbps前後、上りの通信速度(アップロード)は6~8Mbps前後でるようになったのが分かる。

速度制限時でもYouTubeやAmazonプライムビデオが高画質で視聴可能に

速度制限中の速度が下り2~3Mbps前後だった頃はYouTubeの720pがギリギリ視聴できるくらいのスピードでしたが、速度制限が下り10Mbps前後に緩和されてからはYouTubeの「1080p~1440p(HD画質)」やAmazonプライムビデオの「最高画質」も余裕で視聴できるようになりました。

 

さすがに4K画質の動画は読み込みで止まってしまうので速度制限中の視聴はできませんが(速度制限の掛からない午前中ならAirで4K画質の動画視聴も可能)、HD画質でも十分綺麗なので、SoftBank Airを利用していて動画配信サービスの利用で困ることは特にありません。

 

また、スマホで動画を視聴する場合は720pの画質でも十分なので、SoftBank AirのWiFi経由で動画を視聴すれば携帯のデータ通信量を気にせず動画が見放題(SoftBank Airなら月に300GBくらいまで使える)になるのでおすすめです。

 

▼SoftBank Airならデータ通信量を気にせずスマホで動画が見放題!契約プランの見直しで高額な携帯電話料金の節約にもつながります

データ容量なし!【SoftBank Air】



タイトルとURLをコピーしました